中村ブン

テレビドラマ「柔道一直線」でデビュー。「飛び出せ青春」「高校教師」「青春を突っ走れ」など青春ものに出演。その後も「太陽にほえろ」「必殺仕事人」など多数出演。
どこか憎めないチンピラなどを演じると、抜群の個性になると評」される。
宇津井健さん主演の「たんぽぽ」シリーズや、欽ちゃんの「週間欽曜日」など芸域を広げる一方で、「人間愛」を基調に作詩・作曲し、そして自分の歌を歌う事によって「中村ブンの世界」をつくりあげる。
自作「かあさんの下駄」が、大反響を呼び、シンガー・ソングライターとしての地位も固める。
今、定期コンサートの開催をはじめ、各地で、青少年健全育成や、親子ふれあいコンサート、寿大学などの生涯学習や、学園祭、芸術鑑賞などのコンサートに多数出演。21世紀を担う若者たちやその親、先生などに愛とやさしさにあふれた歌のメッセージを贈り、温かい感動の輪を全国に広げている。欽どこのテーマ曲「想い出して下さい」が平成2年度からの中学3年生の音楽教科書(教育出版)に採用された他、校歌、園歌、社歌、応援歌、野球部歌を数多くつくる。
著書に少年野球ドキュメント「ボクらの甲子園・風の中の天使たち」(東京新聞出版局)がある。

 

公式HPはこちら