井川香四郎

(いかわこうしろう)

日本の時代小説作家。愛媛県生まれ。中央大学卒業。テレビの脚本家としても活動。脚本作品に「暴れん坊将軍」「八丁堀の七人」などがある。梟与力吟味帳シリーズが2008年4月よりNHKの土曜時代劇「オトコマエ!」としてドラマ放映された。

主な作品に「梟与力吟味帳」シリーズ(講談社文庫)のほか、「暴れ旗本八代目」(徳間書店)、「刀剣目利き神楽坂咲花堂」(祥伝社)、「船手奉行うたかた日記」(幻冬社)、「金四郎はぐれ行状記」(双葉社)、「くらがり同心裁許帳」(ベストセラーズ)、「おっとり聖四郎事件控」(廣済堂)、「ふろしき同心御用帳」(学習研究社)、「樽屋三四郎言上帳」(文芸春秋)などのシリーズがある。