仙若

宮崎県出身 役者として小劇場を始め多数の舞台に出演。

1997年に、ウィーン在住アンドレ・ヘラー演出の舞台『YUME』に出演し、ドイツ、スイス、オーストラリアの29 か所を巡演。その際、改めて日本の伝統芸能の素晴らしさに強い感銘を受け、帰国後、江戸太神楽(えどだいかぐら)を13 代家元・鏡味小仙(※現・丸一仙翁)に師事。

以降、仙若(せんわか)という名を拝命し、国内外を問わず。様々な舞台、イベント、フェスティバルなどに出演。

【主な演目】

●傘の曲・・・おめでたい時には欠かせないお馴染みの曲芸。おめでたい口上と共に、傘の上で色々な品物を回します!

●三本撥の曲、一つ鞠の曲・・・投げる曲芸。鞠や太鼓の撥を様々なバリエーションで投げ分けます。時には火のついた火焔撥を投げる事も!

●五階茶碗の曲、水雲井の曲、土瓶の曲・・・バランスの曲芸。おでこや顎の上に道具を積み重ね、様々な状態でバランスを取ったり、くわえた撥の上へ土瓶を乗せ様々操ります!ドキドキハラハラの曲芸。