三上寛

ミュージシャン・俳優・詩人

三上寛 (みかみかん)
 1950年3月20日青森県北津軽郡小泊村に生まれる。

67年同郷の詩人、寺山修司などの影響を受けて現代詩を書き始める。

69年ライブ活動開始。71年レコードデビュー。

タブーな性言語、日本の呪われた風習を題材にした「怨歌」を歌いセンセーショナルを巻き起こし、 日本を代表するフォークシンガーとして確立。

デビュー40年、還暦を越え、 青森という土地をバックボーンにパワー溢れる津軽を原風景とした人間の 生き様を歌う自作の唄はこの平成の時代の津軽民謡なのかもしれない。 
 また詩人として詩集やエッセイも著書多数。 
 ほかフィールドは広く、俳優(映画「世界で一番美しい夜」 「戦場のメリークリスマス」「トパーズ」などに出演) レポーター(NHK-TV「ふだん着の温泉」)などで活動。

 

公式HP→こちら