戟党(げきとう)市川富美雄劇団(大衆演劇&歌舞伎)


大衆劇団「戟党(げきとう) 市川富美雄一座」は、三代にわたる演劇一座で、市川千車の長男・市川富美雄を座長として全国各地で活躍しています。父・千車から受け継いだ芸へのこだわりと精神で、古典的な演劇を目指しながらも常に新しさを加えた大衆演劇のスタイルは、多くの人々に愛されています。
 
家族を中心とした団員構成で、演劇は温かいムードがそのままお客様の心に伝わります。とりわけ、座長と子役のからみは面白く、中でも座長の長女・加賀女との人情芝居、舞踊歌謡劇などは多くの皆様方から絶賛されています。

演目は時代劇を中心として、五十演目以上、本格的な芝居、また現代的なテンポのあるコミカルな芝居もこなします。

公演は公民館ホール、イベント、劇場、温泉地ホテルなどで活躍中です

座長 市川富美雄(いちかわふみお)

本名:實川富美雄(じつかわ ふみお)
昭和43年5月、京都生まれ。
17歳の時、父・市川千車が他界し、19歳で座長となり一座を結成。以来、全国各地を15年にわたり公演。歌舞伎を根本とし、古典的な演劇を好むが、その枠に留まるのではなく自分自身のジャンルである大衆に好まれる演劇にも意欲的に取り組む。
 
■平成5年
京都会館にて市川富美雄第一回リサイタル開催。
「義仲の卯之吉」などを上演。
■平成14年
箕面メイプルホールにて第二回リサイタル開催。「猿の伝八」「候童唄」「長谷川伸股旅を唄う」など上演。

■出演
「おらんだ左近秘件帳」「暴れん坊将軍」「水戸黄門」などテレビ番組にも出演するなど多方面で活躍中。