踊 正太郎

茨城県石岡市出身 / 1977年1月23日生 / O型 / みずがめ座

踊りを教えていた祖母の影響で6歳より津軽三味線を始める。

高校卒業後、青森県弘前市へ移住し修行。

津軽三味線第一人者・山田千里師の内弟子となり研鑽を積む。

20歳から三年連続で津軽三味線全国大会チャンピオンに輝く。 

ライブコンサートの他、講演会、教育・医療・福祉現場へ訪問演奏を積極的に行う。

津軽三味線踊正太郎流家元として後生の育成にも力を注ぐ。

唄うように響く絃、唸る棹、力強い撥さばきに定評あり。

 

1980年 民謡 秋田小原節で初舞台

1983年 津軽三味線 井坂斗絲幸師に師事

1993年 津軽三味線全国大会初出場6位入賞

1995年 津軽三味線第一人者 山田千里師に師事

1997年 津軽三味線全国大会チャンピオン

1998年 津軽三味線全国大会チャンピオン二連覇

1999年 津軽三味線全国大会チャンピオン三連覇

2000年 全国各地にてライブコンサートを展開

2002年 津軽小原節唄付大会優勝

2003年 20周年リサイタル公演「心のみち」

2004年 津軽よされ節唄付大会優勝 CD「しゃかりき」リリース

2005年 津軽三味線踊正太郎流創設

2006年 津軽じょんから節唄付大会優勝

2007年 ツガルヨサレ公演/二人会公演/踊正太郎の響き公演

 

■最近の活動

<コンサート>

踊正太郎の世界「紅の響き」(桶川市民ホール) 

独弾「弦の光vol.5」(世田谷区キッドアイラックホール) 

ひな祭りコンサート「紅の響き」(水戸市紅茶館) 

労音ジョイントコンサート(石岡市ギター文化館)

明日花演奏会(牛久市中央文化センター)

踊正太郎の響き(千葉県文化会館ホール) 

二人会(川崎市糀ホール) 

ツガルヨサレ(調布市グリーンホール)

その他、アトリウム/本堂/社会奉仕/セレモニーコンサートなど多数