《ちょっと一息》倉庫(2012.8〜)

No.1 やまわきのレーズンかりんとう 2012.8

「レーズンかりんとう」は四角い形をしています。

食べたときに、生地にからんだ甘酸っぱいレーズン蜜が口いっぱいに!

お店はやまわきさん

 

 

No.2 京都 田丸弥 「白川路」 2012.8

 口の中いっぱいに胡麻の風味が広がり、 薄さにまた繊細さと上品さを感じます。

 老舗、田丸弥さんの手掛けるお菓子には、まさに "お上品"という言葉がぴったりとはまります。

お店はこちら

No.3 東京えんとつ(山下晴三郎商店) 2012.9

柔らかくて、フワフワです。

うーん、これは抜群に美味しいです‼

余計なものが入っていない、小麦粉と優しい日本のお砂糖で出来ています。

中身は、サッパリした生クリームです。 

HPはこちら

No.4 生八ツ橋 秋の三色(本家西尾八ツ橋) 2012.10

京都で買い求めるおみやげの代表格とも言えるのが「八ツ橋」。こんがり焼いた「八ツ橋」と生地をそのまま使う「生八ツ橋」があり、お店もたくさん揃っています。
そんな中で、創業320年を迎えた老舗「本家西尾八ツ橋」の生八ツ橋。

秋バージョンということ、栗のつぶ入りあんなまに、ニッキと抹茶の3種詰合せです。

甘さ控えめ、しかも個包装で取り分けしやすく、便利で、おみやげにも最適です。

HPはこちら→

No.5 天使のしょうゆ 2012.11

スタッフ3名が陸前高田に行ってまいりました。

地元の方に教えていただき、美味しいお醤油の工場を見学。

震災で被災されましたが、努力を重ね、1868年創業の味を復活させてくれました。

天使のしょうゆのラベルは、縁あってアンパンマンの原作者やなせたかし氏のデザイン。しょうゆ天使が高田の青い海を渡り食卓の団らんを届けます。

是非一度ご賞味を。

HPはこちら→

 

No.6 都電最中 2012.12

●なんといってもその形。最中の皮が都電の車両の形をしています。窓やドアなどもリアルにかたちどられています。パッケージもユニークで一つ一つが都電の車両のデザインとなっています。箱買いすると、箱も車庫になっているもの、すごろくになっているものと、楽しさ満開です。
●味の方も、香ばしい香りのする皮の中に、ゆずの香りがするつぶしあんと求肥(ぎゅうひ)が入っていて、上品な甘さになっています。お世辞なしにおいしい最中です。

お店のHPはこちら→

No.7 リッタースポーツ 2013.02

ドイツのチョコレートとしてあまりにも有名。

美味しくて種類もたくさん、そして機能的!パッケージが鮮やか。
リッタースポーツのパッケージはKnick-Pack(クニック・パック)と言って、両手でパキッと中のチョコレートを折るとパッケージ開くようになっている構造。一般的な板チョコのように、紙を破らないように開けてそして銀紙も丁寧に開けて、という過程が一切そぎ落とされています。そしてうれしいのが、一度に食べられなくてもパッケージの口をまた閉めることが出来ること。新鮮さが保ってくれます。ちゃんとしまるのでポケットに入れても鞄に入れても、チョコのかけらが出て汚れる心配がありません。

HPはこちら→

 

No.8 八幡浜ちゃんぽん 2013.03

長崎ちゃんぽんが豚骨ベースの濃厚な白濁スープであるのに対し、八幡浜ちゃんぽんは鶏ガラをベースにしたしょうゆ味の黄金色スープが特徴。鰹、昆布といった和風ダシを加えたあっさりとしたスープにスパイスが程よく利いており、スッキリとした味わいがウケています。ゴマ油を加えていたり、鯛やアサリから旨みをとっていたりと、店によって異なる味わいが楽しめるので、食べ比べてみるのもおすすめです。

HPはこちら→

 

No.9 まるたやチーズケーキ

びっくりするほどのチーズの香りが、口の中に一杯。上の白いベースは密度があって、サワーの酸味がいい感じ。上下のベースを一緒に食べると、より芳醇な味わいが広がります。
香ばしいクッキー生地の間に、ラズベリーのような甘酸っぱい味が挟まっていて、これがチーズと合っていて、ほんとに絶妙な味。
こんなおいしいチーズケーキがあったなんて。

HPはこちら→

 

No.10 キルフェボンの季節のフルーツタルト

タルトではあまりにも有名。

キルフェボンの季節のフルーツタルト。

果物が新鮮で種類が多くて、カスタードが中にタップリ入っているのに、甘みもちょうどいい感じ。

お店には沢山の種類のケーキのウィンドウにあり、見ているだけでも幸せになれます。

 

HPはこちら→

 

No.11 黒松

JR東十条南口にある老舗店「黒松」

どらやきがあまりにも有名で、行列ができていることもよくあります。

値段がリーズナブルで1個105円。

すごく優しい黒砂糖の甘さで、ひとつ食べるととっても幸せな気持ちになります。

http://www.sogetsu.co.jp

No.12 茶の菓

マールブランシュの茶の菓

 

オフィシャルHPにはこんな文面↓

茶作り名人小島確二、茶鑑定士森田治秀、パティシエ江崎靖彦、京の匠 三人の職人技がコラボレーション。特製ホワイトチョコレートをお濃茶ラングドシャで挟んだ、スイーツの新定番。


材料吟味で超一流職人が手がけた一品、期待が膨らみ、そしていただきました、見事的中!

ホワイトチョコの甘みを口いっぱいに感じることのできるちょっと贅沢なお菓子です。

本当に抹茶の苦味が結構効いてて、抹茶好きにはたまらないです。

食べた時の食感もすごく上品で幸せな感じです。

HPはこちら

No.13 矢口納豆

矢口納豆

国内最高級の大豆といわれる、北海道産ツルノコ大豆を使用。ふっくらモチモチした食感と大豆のおいしさを充分に感じることができる一品です。

第9回全国納豆鑑評会 優秀賞受賞。

他にも色々な種類の大豆、黒豆を使った納豆もあります。詳しくはHPで

No.14 ハッピージョイ(ハッピータン)

どこのスーパーにでもあるおなじみのハッピータンの進化系のお菓子。

濃いめの味と特徴で、しっかりどのタイプも違いが分かります。

ちょっと甘チョッパイ感じのがやみるきになります。

大阪のデパートで行列することでも有名。

期間限定で東京にも出店したりします。

なかなか手に入らないので話題とプレミアム感も充分です。

http://www.happyturn.com/happyturns/