スタッフの独断と偏見で、いま輝いている人を紹介します。

有名、無名に関わらず、ご紹介していきます。

かってにイチオシ その2

これは買うしかない!

発売7日目にして、重版決定!

 

本人曰く、落語話が元になっているということで、演芸作家の真骨頂とも言える。

あの百田尚樹氏も絶賛!!

 

本人のコメントより

はっきりいって、面白いです!書いた本人が読んで、笑い、泣ける小説など、滅多にありません。読んでいただき、650円の価値がないとお怒りの方には代金をお返しいたします。遠慮なく申し出てください。ただし、本は返してください。ブックオフに売りますので…。」

 

2013.7記

かってにイチオシ その1

毛利ケンイチ

イケメンですね〜。

この方なんと、あのジョニー大倉の長男ではありませんか?

 

プロフィールによると(以下抜粋↓)

父ジョニー大倉に反発して育つも、父が主演していた映画「チンピラ」を観て感銘を受け、俳優を志す。17歳の時に父に黙って受けた映画「嵐の中のイチゴたち」で見事、準主役で合格し芸能界デビュー。以後、映画「パンツの穴5」で準主役、浅野忠信や大杉蓮と共演。ドラマでは山田太一脚本のNHKのスペシャルドラマで300人の中から準主役で合格した「なんだか人が恋しくて」。渡瀬恒彦、水野真紀と共演した「たにんどんぶり」。フジテレビ「将太の寿司」では寿司を一手で握り、寿司店に勝負を挑む役等で活躍。以後多数のドラマや映画に出演する。しかし、どこへ行ってもジョニー大倉の息子、Ⅱ世と呼ばれることのジレンマから、一時俳優業から身を引いた。近年、漠然とした芸能活動を送っていたが3.11東日本大震災が新たな人生のきっかけとなった。父、ジョニー大倉といっしょに被災地を回り、生かされている自分が何をすべきかを自問、眠っていたロックンロール魂に灯が付き、再び俳優業を志すこととなった。

1972年10月23日 神奈川県川崎市生まれ。  178cm 65kg

 

2013.6記